Home » ひょうたんから空 by 銀色夏生
ひょうたんから空 銀色夏生

ひょうたんから空

銀色夏生

Published 1999
ISBN : 9784101434230
160 pages
Enter the sum

 About the Book 

人間くさくてノーテンキなミタカは、あいかわらず家族の一員のようにいつもいる。三月、南向きのぬれ縁に何か植えようか、と相談していると、家出中のパパが帰ってきた。そこで、みんなでひょうたんを作った。何かを愛する時、愛するものがある時、愛していいものがある時、人はやさしくなる。そしてそのやさしさは、ただやさしい。「ミタカくんと私」に続く、ナミコとミタカのつれづれ日常小説。